障がい者自立支援

HOME ≫ 障がい者自立支援

障がい者自立支援

disability_pic01

あなたの声を聞かせてください。

私たちは、あなたの意思や希望を大切にし、きめ細やかなサービスを提供します。
どんな事でもご相談ください。

共に笑い、共に過ごす

当たり前のことですが、忘れていませんか?
あなたの暮らしているこの街で「やりたい事」「やれる事」を一緒に探してみませんか。

活動内容

  • 指定児童デイサービス(放課後等デイサービス)
  • 地域活動支援センター事業Ⅱ型(障がい者デイサービス)
  • 移動支援事業所(外出時の付き添い)
  • 日中一時支援事業所(障がい児・者の方の日帰りショート)
  • 居宅支援事業所(訪問介護・通院介助等)

一人ひとり支援の仕方が違い、利用者の方に合った支援をします。

行事

疑似仕事体験ができ、高齢者の方とのふれあい、人との関わりを多くもてます。
健やかなる時を求めて、一緒に幸せを探しませんか?

おやつ作り

自分のおやつを作ります!

電車体験

電車に乗って出かけて、電車の乗り方を経験します!

クッキング

みんなで協力して、お昼ご飯を作ります!

買い物体験

お店で好きなおやつを購入します!

子ども喫茶

店員になって高齢者の方にお菓子を売りに施設内を回ります!

施設の概要

運営主体 社会福祉法人 河西福祉会
事業所名 あんしあなとぅ
所在地 〒640-8422 和歌山県和歌山市松江東1丁目7番25号
電話番号 073-454-8900
FAX番号 073-454-1811
管理者
設立年月日
構造 鉄筋コンクリート造、3階建、2343㎡
敷地 2,962㎡

サービス内容

身体障がい、知的障がいをお持ちの方、又は児童が利用対象です。

  • デイサービス
  • 身体介護
  • 家事援助
  • 外出時における移動介護

 

事業所における自己評価結果(公表)

公表:  31年 2月 28日     事業所名 あんしあなとぅデイサービスセンター                                                              
チェック項目 はい いいえ 工夫している点 課題や改善すべき点を踏まえた改善内容又は改善目標
環境・体制整備 1 利用定員が指導訓練室等スペースとの関係で適切であるか 基準を順守
2 職員の配置数は適切であるか 運営規程通り
3 生活空間は、本人にわかりやすく構造化された環境になっているか。また、障害の特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか 共生(高齢者)のスペースあり。バリアフリー等配慮し対応できている。
4 生活空間は、清潔で、心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっているか 中庭など、活動内容に合わせて館内を活用できている。
業務改善 5 業務改善を進めるためのPDCAサイクル(目標設定と振り返り)に、広く職員が参画しているか 会議等にて都度職員間で話し合っている。
6 保護者等向け評価表により、保護者等に対して事業所の評価を実施するとともに、保護者等の意向等を把握し、業務改善につなげているか 保護者より頂戴した意見参照し運営に反映。
7 事業所向け自己評価表及び保護者向け評価表の結果を踏まえ、事業所として自己評価を行うとともに、その結果による支援の質の評価及び改善の内容を、事業所の会報やホームページ等で公開しているか 自己評価の実施および公表に向け取り組んだ。
8 第三者による外部評価を行い、評価結果を業務改善につなげているか 未実施 都度自己評価を実施しており、第三者外部評価については実施には至っていない。
9 職員の資質の向上を行うために、研修の機会を確保しているか 年度計画にて研修を実施している。
適切な支援の提供 10 アセスメントを適切に行い、子どもと保護者のニーズや課題を客観的に分析した上で、児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画を作成しているか 実施している
11 子どもの適応行動の状況を図るために、標準化されたアセスメントツールを使用しているか 実施している
12 児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画には、子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか 設定している
13 児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画に沿った支援が行われているか 計画に沿い活動支援
14 活動プログラムの立案をチームで行っているか 部署職員間で企画している。
15 活動プログラムが固定化しないよう工夫しているか 月間予定表、季節行事等にて調整している。
16 (放課後等デイサービスのみ) 平日、休日、長期休暇に応じて、課題をきめ細やかに設定して支援しているか 時季に合わせ活動内容を設定している。
17 子どもの状況に応じて、個別活動と集団活動を適宜組み合わせて児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画を作成しているか 作成している。
18 支援開始前には職員間で必ず打合せをし、その日行われる支援の内容や役割分担について確認しているか 実施している。
19 支援終了後には、職員間で必ず打合せをし、その日行われた支援の振り返りを行い、気付いた点等を共有しているか 実施している。
20 日々の支援に関して記録をとることを徹底し、支援の検証・改善につなげているか 日誌作成している。
21 定期的にモニタリングを行い、児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画の見直しの必要性を判断しているか 活動内容を基に実施している。
22 (放課後等デイサービスのみ) ガイドラインの総則の基本活動を複数組み合わせて支援を行っているか 支援内容に盛り込んでいる。
関係機関や保護者との連携関係機関や保護者との連携 23 障害児相談支援事業所のサービス担当者会議にその子どもの状況に精通した最もふさわしい者が参画しているか 管理者中心に活動している。
24 (児童発達支援のみ) 母子保健や子ども・子育て支援等の関係者や関係機関と連携した支援を行っているか 研修参加・関係各署と連携
25 (放課後等デイサービスのみ) 学校との情報共有(年間計画・行事予定等の交換、子どもの下校時刻の確認等)、連絡調整(送迎時の対応、トラブル発生時の連絡)を適切に行っているか 関係各署および保護者と連携し連絡調整行っている。
26 (医療的ケアが必要な子どもや重症心身障害のある子ども等を支援している場合) 地域の保健、医療、障害福祉、保育、教育等の関係機関と連携した支援を行っているか 対象児に対して適切に対応している。
27 (医療的ケアが必要な子どもや重症心身障害のある子ども等を支援している場合) 子どもの主治医や協力医療機関等と連絡体制を整えているか 対象児に対して適切に対応している。
28 (児童発達支援のみ) 移行支援として、保育所や認定こども園、幼稚園、特別支援学校(幼稚部)等との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っているか 関係機関との連携を実施している。
29 (児童発達支援のみ) 移行支援として、小学校や特別支援学校(小学部)との間で、支援内容等の情報共有と相互理解を図っているか 各対象校と連携している。
30 (放課後等デイサービスのみ) 就学前に利用していた保育所や認定こども園、幼稚園、児童発達支援事業所等との間で情報共有と相互理解に努めているか 関係機関との連携を実施している。
31 (放課後等デイサービスのみ) 学校を卒業し、放課後等デイサービス事業所から障害福祉サービス事業所等へ移行する場合、それまでの支援内容等の情報を提供する等しているか 情報の共有に努めている。
32 他の児童発達支援センターや児童発達支援事業所、発達障害者支援センター等の専門機関と連携し、助言や研修を受けているか 他センターより助言いただくケースあり。
33 児童発達支援の場合は、保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、放課後等デイサービスの場合は、放課後児童クラブや児童館との交流など、障害のない子どもと活動する機会があるか 公共施設(プール・図書館等)への外出機会を設けている。
34 (自立支援)協議会子ども部会や地域の子ども・子育て会議等へ積極的に参加しているか 参加している。
35 日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの発達の状況や課題について共通理解を持っているか 保護者との連携に努めている。
36 保護者の対応力の向上を図る観点から、保護者に対して家族支援プログラム(ペアレント・トレーニング等)の支援を行っているか 家族支援プログラムについて検討後、プログラムの実施に向け取り組む。
保護者への説明責任等 37 運営規定、利用者負担等について丁寧な説明を行っているか 契約時および相談時に説明している。
38 児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画を示しながら支援内容の説明を行い、保護者から児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画の同意を得ているか 実施している。
39 定期的に、保護者からの子育ての悩み等に対する相談に適切に応じ、必要な助言と支援を行っているか 実施している。
40 父母の会の活動を支援したり、保護者会等を開催する等により、保護者同士の連携を支援しているか 個々の保護者との連携は実施。保護者会の開催について検討する。
41 子どもや保護者からの相談や申入れについて、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知し、相談や申入れがあった場合に迅速かつ適切に対応しているか 迅速に相談があった場合には対応している。
42 定期的に会報等を発行し、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報を子どもや保護者に対して発信しているか 広報誌、月間予定表を作成している。
43 個人情報の取扱いに十分注意しているか マニュアルに沿い対応している。
44 障害のある子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮をしているか 内部研修
45 事業所の行事に地域住民を招待する等地域に開かれた事業運営を図っているか 秋祭りの開催実施
非常時等の対応 46 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、職員や保護者に周知するとともに、発生を想定した訓練を実施しているか マニュアルに沿い対応している。
47 非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行っているか 年2回防災訓練実施
48 事前に、服薬や予防接種、てんかん発作等のこどもの状況を確認しているか 事前に保護者より情報提供いただき対応している。
49 食物アレルギーのある子どもについて、医師の指示所に基づく対応がされているか 事前に保護者より情報提供いただき対応している。
50 ヒヤリハット事例集を作成して事業所内で共有しているか 事故対策検討会議にて検証している。
51 虐待を防止するため、職員の研修機会を確保する等、適切な対応をしているか 年度計画にて研修を実施している。
52 どのような場合にやむを得ず身体拘束を行うかについて、組織的に決定し、子どもや保護者に事前に十分に説明し了解を得た上で、児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画に記載しているか 対象者はいないが、やむを得ずの場合には対応できるようには取り組んでいる。
この「事業所における自己評価結果(公表)」は、事業所全体で行った自己評価です。

保護者等からの事業所評価の集計結果(公表)

公表: 2019年 2月 28日
事業所名 あんしあなとぅデイサービスセンター                         保護者等数(児童数)  29  回収数   21    割合 72 %
チェック項目 はい どちらともいえない いいえ わからない ご意見 ご意見を踏まえた対応
環境・体制整備 子どもの活動等のスペースが十分に確保されているか 15 6 活動の様子を見たことがない。 希望者には動画等記録媒体を活用し情報提供する。
職員の配置数や専門性は適切であるか 10 11 活動の様子を見たことがない。 希望者には動画等記録媒体を活用し情報提供する。
生活空間は、本人にわかりやすい構造化された環境になっているか。また、障害の特性に応じ、事業所の設備等は、バリアフリー化や情報伝達等への配慮が適切になされているか 15 6 活動の様子を見たことがない。 希望者には動画等記録媒体を活用し情報提供する。
生活空間は、清潔で、心地よく過ごせる環境になっているか。また、子ども達の活動に合わせた空間となっているか 18 3 活動の様子を見たことがない。 希望者には動画等記録媒体を活用し情報提供する。
適切な支援の提供 子どもと保護者のニーズや課題が客観的に分析された上で、児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画が作成されているか 20 1 利用回数が少ないため、計画書はなくてよい。 利用回数に関わらず、計画書は作成している旨を伝える。
児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画には、子どもの支援に必要な項目が適切に選択され、その上で、具体的な支援内容が設定されているか 20 1 実施できている。 計画に沿い活動している。
児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画に沿った支援が行われているか 20 1 実施できている。 計画に沿い活動している。
活動プログラムが固定化しないよう工夫されているか 20 1 行事カレンダーにて毎月報告あり。 毎月行事起案を行い、マンネリ化しないよう取り組んでいる。
児童発達支援の場合は、保育所や認定こども園、幼稚園等との交流や、放課後等デイサービスの場合は、放課後児童クラブや児童館との交流など、障害のない子どもと活動する機会があるか 17 4 交流の場を設けてくれている。 電車、市民プール、図書館、消防署等社会資源を活用した取り組みを企画し、サービス提供を行っている。
保護者への説明等 運営規定、利用者負担等について丁寧な説明がなされたか 21 説明を受けている。 利用開始時ならびに説明が必要な場合には、都度説明行っている。
児童発達支援計画・放課後等デイサービス計画を示しながら、支援内容の説明がなされたか 16 1 1 説明を受けている。 計画内容に沿い説明している。
保護者に対して家族支援プログラム(ペアレント・トレーニング等)が行われているか 5 16 家族支援プラグラムを知らない。 個々の保護者への支援は都度行っており、プログラムとしての取組につていは検討する。
日頃から子どもの状況を保護者と伝え合い、子どもの健康や発達の状況、課題について共通理解ができているか 20 1 都度、状況について話し合っている。 送迎時には保護者と面会をする為、情報交換は常に行えており、今後も支援できるよう取り組む。
定期的に、保護者に対して面談や、育児に関する助言等の支援が行われているか 10 8 3 都度、状況について話し合っている。 次月の利用予定を確定する際、家族と連絡調整し対応している。
父母の会の活動の支援や、保護者会等の開催等により保護者同士の連携が支援されているか 1 2 18 保護者間交流はない。 保護者間交流のニーズをつかんだ上で、どう取り組むか検討する。
子どもや保護者からの相談や申入れについて、対応の体制を整備するとともに、子どもや保護者に周知・説明され、相談や申入れをした際に迅速かつ適切に対応されているか 21 対応してくれているとの声多数。 基本は管理者が行っているが、当日リーダー制を導入し、即対応ができるよう取り組んでいる。
子どもや保護者との意思の疎通や情報伝達のための配慮がなされているか 20 1 実施できている。 ジェスチャーや理解しやすい言葉や単語にて情報伝達を工夫している。
定期的に会報やホームページ等で、活動概要や行事予定、連絡体制等の情報や業務に関する自己評価の結果を子どもや保護者に対して発信されているか 20 1 行事、活動、連絡体制の情報を得ている。 行事カレンダーを活用し、情報の発信を今後も行っていく。
個人情報の取扱いに十分注意されているか 21 説明を受けている。 個人情報の取り扱いに今後も注意していく。
非常時の対応 緊急時対応マニュアル、防犯マニュアル、感染症対応マニュアルを策定し、保護者に周知・説明されているか。また、発生を想定した訓練が実施されているか 15 1 5 訓練日に利用していない。 事象があれば都度説明は行っている。マニュアルの周知は検討する。
非常災害の発生に備え、定期的に避難、救出、その他必要な訓練が行われているか 5 1 15 訓練日に利用していない。 年2回訓練は実施している。利用者を伴った訓練ではないため、訓練内容の周知に努める。
満足度 子どもは通所を楽しみにしているか 20 1 楽しみにしているとの声多数 意思表示のできない利用者でも日頃の様子を伝え楽しんでいただけていることを理解していただくようにする。希望者には動画等記録媒体を情報提供する。
事業所の支援に満足しているか 20 1 満足しているとの声多数
この「保護者等からの事業所評価の集計結果(公表)」は、保護者等の皆様に「保護者等向け児童発達支援・放課後等デイサービス評価表」

により事業所の評価を行っていただき、その結果を集計したものです。

 

 

 


特別養護老人ホーム

ショートステイ

デイサービス

ホームヘルプサービス

グループホーム ぷすぷす

生活支援ハウス カリエンテ

障がい者自立支援

居宅介護支援

楪~ゆずりは~

保険外支援サービス さわらび

施設概要

年間行事予定

アクセスマップ

スタッフ紹介

採用情報/ボランティア募集

お問い合わせ

073-454-8900

入居や施設のご利用に関すること、介護に関することなら、どんな些細なことでもお気軽にお問い合わせください。


ページ上部へ